勝川 永一

KATSUKAWA EIICHI

大学卒業後に国内の靴メーカー勤務を経て、渡英。
イギリス・ノーザンプトンにあるトレシャム・インスティテュート フットウェアコースにて靴のデザインと製作を学ぶ。
卒業後、イギリス・ブライトンにて、ポールハーデン氏にインターンとして師事。
2004年10月に帰国。帰国後、靴修理職人として働く傍ら、靴のデザインと製作を継続。
2007S/Sより、独自の皮革にこだわったシューズコレクションを発表し、大手セレクトショップにて展開される。
2008年 皮革に携わる多くのデザイナーを輩出しているJLIA LEATHER GOODS AWARD
(社団法人日本皮革産業連合会)にて、審査員特別賞を受賞。
2010年より、新宿伊勢丹メンズ館シューズラボにて展開される。
フィレンツェで開催されている、世界最大のメンズファッション見本市PITTI UOMOにて、POP UP STORE招待デザイナーとして7回連続出展を果たす。
2012年に、パリの老舗セレクトショップL’Eclaireur(レクレルール)にて展開される。
同年、DOVER STREET MARKET GINZAにて展開される。
2016年2月にNorthampton Museum and Art Galleryにおいて、勝川永一のコンセプチュアルシューズ作品「Return to the Soil」が、東洋人初めての靴作品として、その美術館コレクションに収蔵される。

毎シーズン、ハイクオリティ・ハイデザインのシューズをクリエイトし続け、シューデザイナーとして、独自のポジションを確立している。
また、2010年東京目黒区に、靴の修理機能を主としたライフスタイルサービスショップ「THE SHOE OF LIFE」を開店し、皮革のアフターサービスにも取り組んでいる。